サイトの常時SSL化(https化)作業の代行

常時SSL化 代行

 

GoogleがWebサイトの常時SSL化を推奨しています。

 

近年多くの有名サイトのURLを見ると、「http://~」ではなく、「https://~」で始まっていることをご存知ですか?

 

常時SSL化とは、トップページを含めたサイト全体のセキュリティを高めることで、サイトのURLが「https://~」で始まるようにすることです。

 

Googleが推奨していることで、商用サイトはもちろんのこと、アフィリエイトサイトや個人のサイトに至るまで、常時SSL化にするメリットに注目が集まっています。

 

常時SSL化のメリット

SEOで優遇される

Googleでは、同程度のコンテンツであれば、検索順位でhttps化されているサイトを優遇することを公言しています。
その効果は大きいとは言えないかもしれませんが、検索順位に依存度が高いアフィリエイトサイトなどではやらない手はないでしょう。

 

セキュリティが強化されることでサイトが信頼される

一般的なモダンブラウザでは、SSL化されていないサイトの入力フォームなどでは、「このページは保護されていません」といった表示がされるようになりました。
逆にSSL化されたサイトでは、「保護された通信」といったメッセージが表示されますので、閲覧者にとってサイトへの信頼度が高まります。

 

サーバーによっては通信が高速化される

ご利用のレンタルサーバーによっては、常時SSL化にすることでHTTP/2プロトコルという最新の通信方法を利用することになり、通信が高速化されます。サイトの表示速度が上がることで、閲覧者にとっても負担が下がり、見やすいサイトになります。
※現状では対応するレンタルサーバーは限られています。

 

 

作業内容

 

・ご利用サーバーにて、無料SSL化の申請を行います。
・検索エンジン向けにサイトがSSL化されたことを知らせる作業(リダイレクト作業)を行います。
・当方で修正可能部分に関し、SSL化に対応した保護コンテンツとなるようにサイト内コンテンツを調査・修正を行います。

SIRIUSで作成されたサイトのhttps化を前提として説明しておりますが、WordPress等その他のCMSで作成したサイトの常時SSL化も可能ですので、ご相談下さいませ。

 

 

 

  • SSL化はご利用されているサーバーでの作業になるため、サーバーのアカウント情報やリダイレクト処理のためのFTP情報をお知らせ頂く必要があります。
  • ご利用されているレンタルサーバーによっては、無料SSL化に対応していない場合があります。

    有料のSSLをご要望の場合に関しては、別途ご連絡下さい。
    【コアサーバー、バリューサーバー、Xreaサーバー、さくらレンタルサーバー、Xサーバー、スターサーバー、JETBOYサーバー、hetemlサーバーなどは無料SSLに対応していることを確認済みです。】

  • SSL化により、http:// → https:// と別サイトに変更されるため、FacebookなどのSNSでのフォローカウントなどはリセットされます。
  • SSL化により完全に保護されたサイトにするためには、当方の作業後に以下の内容をお客様ご自身で作業していただく必要がございます。

    ・古い広告タグ(https化されていないタグ)の更新
    ・Search Consoleやアクセス解析ツールなどの設定更新

  • サイトの規模が30ページを超えると、下記料金プランより割増し代金となります。

料金プラン|常時SSL化作業代行

 

1サイトあたりの作業代行 ¥5,000

 

 

矢印 お見積もり・お問い合わせへ

 

 

 

SAKURA SUPPORT ポートフォリオ

サービス一覧

ご利用の流れ

SAKURA SUPPORT お問い合わせ